経費削減に効果あり!リサイクルトナーの実力に迫る

頭の痛い問題

デジタル化が進んでも、まだまだ印刷用紙が活躍する業界は多いものです。そうした業種で切実となる問題がコストです。印刷用紙代はもちろんですが、費用の高い純正品トナーの経費がかかってくるのです。そのため、最近では費用の安いリサイクルトナーを選ぶ企業が多くなっているといいます。

トナーの違いを比較!

リサイクルトナー

純正品をリサイクルしたトナーとなり、値段が純正品と比べて半額以下で購入できることで注目されています。しかし、色合いが若干異なったり、複合機や印刷機にトラブルが生じるリスクもあるようです。

純正品

メーカーが製造した純正品は、その複合機や印刷機に最も対応するように作られていますので、問題なく美しく印刷ができます。ただし、費用が高くなることがネックと感じる企業が多いようです。

品質が上がっている!

最近のリサイクルトナーは、クオリティーが高いと評判です。以前よりも不具合がなくなっていると感じる企業が増えています。純正品と同じような感覚で使えるタイプも登場して、少しでも経費を削減するために導入を検討するところも多くなっているようです。

代表的なトラブル解決法・4つ

色見本

エラー表示が出る

エラーの表示番号に合わせて説明書やサポートセンターの言う通りに設定し直します。再起動させてみることで解決する場合もあります。それでも解決できない場合は、早めに修理センターに連絡しましょう。

カートリッジを認識しない

間違った方法でカートリッジを装着していないか確認します。また使用するプリンターによっては対象メーカー以外は認識しないという可能性も考えられます。ほかには、プリンターの修理が必要な場合もあります。

綺麗に印刷できない

クリーニングができていないことで色が変わったり、模様がつくトラブルが出ますので、クリーニングやチェックをしましょう。とくに目詰まりが多いですので、目詰まりを解消すると良いです。

色味に違和感がある

純正品に比べると発色が劣る場合もあります。プリンターのプロパティーからコントラストや彩度、輝度など色味や色調の調整ができるはずですので、修正するといいでしょう。

高品質で安心なリサイクルトナーでコストを大幅カット!

インク

無駄を排除しよう

トナーもインクも消耗品となりますので、できるだけコストを節約したいのが企業としての本音だといえるでしょう。トナーは、レーザープリント器機で使用されるものですが、インクジェットプリント器機の場合は、インクを用いることになります。このインクも互換インクと呼ばれる純正品でないお得なインクカートリッジが人気となっています。プリント技術は日々進化しています。今では3Dプリンターの種類も増えてさまざまなタイプが出回るようになっています。コストパフォーマンスに優れたプリンターを活用して、業務の無駄なコストをカットしていきましょう。

[PR]
複合機はリースがお得
人気のモデルも手に入る