仕事がサクサクはかどる!使い勝手が良い複合機リースをチョイス!

>Topics>複合機リースのお悩みバスター〜コスパに優れたサービスを見抜け!〜

複合機リースのお悩みバスター〜コスパに優れたサービスを見抜け!〜

男女

業務をサポート!

ビジネスになくてはならない器機といえば、FAXとコピー機、スキャナーなどが一台になった複合機です。一台あるだけで、会社の窓口的な存在になりますし、資料作成にも欠かせないアイテムとなります。そんな複合機は購入すると費用が高額になるため、リース契約することも多いのが特徴です。リース業者を選ぶポイントとしては、企業の業務内容に合わせて最適な複合機を提案してくれるかどうかという点です。業務内容によってはシンプルなコピー機だけで十分な場合もあります。自社にとって使い勝手が良く、コストパフォーマンスに優れた器機を選択していく姿勢を忘れないようにしたいものです。

複合機リース契約の長所と短所

長所

イニシャルコストを抑えることができます。またメンテンナンスがセットになっていますので、安心して使い続けることが可能です。日々膨大な量の業務を複合機が担いますので、故障やトラブルは付き物ですが、業者が保守点検をしてくれることでそうしたリスクを軽減させ、支障のないビジネスを展開していくことができるのです。

短所

所有権はリース業者にありますので、大切に使い続ける義務があります。また契約の途中契約が不可の場合がほとんどですので、計画的に使用する必要があるでしょう。万が一途中解約した場合は、違約金が出ることになりますので、それは避けたいところです。また、使用期間や目的によっては購入した方が結果的にお得になる可能性も高いですので、しっかりと検討することが大切です。

サポート体制をチェック!

複合機トラブルで最も注視するべきは、業務に支障が出ないようにすぐに問題を解決できるかどうかにあります。顧客や取引先から大切なFAXが届かないことがあれば、大問題に発展するでしょう。迅速に的確に対応してくれるサポートが期待できるかでリース業者を選ぶようにしていくと安心です。

リース契約なんでも質問コーナー

婦人

月額料金の大きな違いは?

複合機の性能によって料金が変わってきます。新製品や、多機能で印刷スピードも速い高性能タイプは料金も高くなってきます。一方、型落ち商品やシンプルな機能のタイプは費用がリーズナブルになることが一般的です。

費用の相場は?

シンプルなタイプであれば、月額5000円程度の費用で契約できます。あまり普段は使用しない企業にとっては利用しやすい価格帯といえるでしょう。月額10000円程度のクラスになると標準的な機能を搭載していますのでさまざまな企業においても問題なく対応できるはずです。

経費として計上できますか?

リース契約は経費として扱えますので、税金対策としても活用できるはずです。減価償却や固定資産税などに関する事務処理の煩わしさがないことで、管理がしやすく負担も減らせますので、導入を決める事例も多いです。